玉川大学芸術学部 芸術教育学科 Tamagawa university College of arts Department of arts education

教員紹介

大西珠枝

Onishi Tamae

文化芸術は、人間が人間らしく生きるための糧であり、心のよりどころ(誇りやアイデンティティを形成)であって、国民全体の社会的財産であるという認識のもと、今、日本は「文化芸術立国」を目指しています。 その実現のためには、我が国の文化芸術の創造の支援、日本の歴史と伝統を示す文化財の継承・発展、美術館・博物館の役割、文化産業の振興、さらには日本文化の海外発信の現状を知り、それらをどのように進めるべきかを、それぞれの立場で考えることが重要です。 これらは、これから学校で子供たちの感性と創造性を育む芸術教育に当たる教員はもとより、21世紀の知識基盤社会の中で、様々な仕事に就く際、アートの心を持って活躍するためにも必要な視点となります。

専門・研究分野

文化政策/文化財保護行政/教育行政/男女共同参画政策

略歴

1978年
京都大学法学部卒業
1978〜2013年
文部科学省勤務
初等中等教育局高等学校課課長補佐、静岡県掛川市教育長、文化庁文化政策室長、伝統文化課長、文化財部長など
2014年1月〜
玉川大学教育博物館長・教授
同年4月~
玉川大学芸術学部芸術教育学科教授